一陽来福。Soil,Soul,Societyな日々。

raihku.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

川のお掃除から。。芽生えたもの。


今でも川のお掃除は忘れられない体験となっています。
”自覚と感謝”が湧き起こった体験です。

私達は川や森や太陽・自然にどれほど生かされているのか。
どれほど深い愛を頂いているのか。
そして一緒に住まう他の生きものたちと、どれほど共生を離れてしまったのか?
d0126201_22244187.jpg


私にできる事は少ないです。
でもささやかですが川で目のあたりにした現実に、現実への行動に映すことで報いたいと思いました。感謝を込めて。。
まず劇物となるような洗剤類(台所洗剤・洗濯洗剤・シャンプー類)、川で実際に目にしたゴミ類(レジ袋・菓子袋・缶類)の使用を極力無くしました。
生理用のナプキンも洗えるコットン製のものに代えました。
ま。これをした方が良いとやっきになって思っている訳でもありません。
ただ自然にこうなって、しかも体にとても楽なものであるので定着したのです。
またこれを人に無理に求めるつもりもありません。
自らの体験の中で、湧き起こる各々の気付きに従って頂けたならと思うのでした。

昨年は川のお掃除が、まるで出来ませんでした。
それというのも去年は外階段から落っこちて、足をボッキリやってしまって^^
そして暮れに、ふと発心して、煙草の吸殻を中心としたゴミ拾いをはじめてみました。
実は地表でのゴミ率№1は煙草の吸殻なんですね^^
これも意外に実践してみて初めて知ったことでした。何でもやってみるもんですね~
育んでくれる大地に地球に、感謝を落としながら、ゴミ拾いをしています。

今、生かされている事へ感謝を捧げて。。

そして一つ行動を起こすと、水に広がる波紋のように何かが広がってゆくような感じがします。
それが何かはまだわからないけど。。

しょぼいとこでは、お外など掃除して自身の部屋が汚い私ですが、外掃除から帰ってくるとうんざりして、少しは掃除をするという訳なんです。
相乗効果?なのでまずお部屋が先!っと拘らずどっちが先でも出来る方からがお勧めです^^
あっ。でも大儀に振り回されてしまわないのも大切です。
いつも足元もみているようにと、私も肝に銘じています^^
[PR]
by art_of_living_i | 2009-02-14 22:26 | 心の旅

第48回NPOネパール・マ・ジャニ・フラワートレッキングのお知らせ

東ネパール・ミールケダンダ
ツーリストに知られていないシャクナゲの森を歩こう。
そして自らの足で現地小学校への支援活動が出来ます。
・現地の山の小学校(2校)
・現地障害者車椅子支援
・現地障害児施設支援フリーマーケット

日本語が出来る現地NGO職員が同行してくださるので安心です。
出発日2009年3月30日(月) TG673 01:25 関空発
帰国日2009年4月10日(金) TG622 05:20 関空着
募集人数    15名
締切       2009年3月15日(日)
参加費      313,500円

参加申し込み 海人商会内NPOネパール・マ・ジャニ
          TEL  0599-72-3243
          FAX  0599-72-3244
          mail  nepal@shima.mctv.ne.jp
          京都支部レストラン・マチャプチャレ
          TEL  075-525-1330
          FAX  075-551-0311
お問い合わせ 海人商会内NPOネパール・マ・ジャニ
          TEL  0599-72-3243
          FAX  0599-72-3244
          mail  nepal@shima.mctv.ne.jp 

カンパご協力のお願い
寄付金・薬(家の薬箱に眠っている・市販の薬・目薬・傷薬・風邪薬・湿布薬・胃腸薬・包帯・頭痛薬・歯痛止め・傷バンド)・新品タオル・ボールペン・石鹸(洗濯石鹸)・カバン・スポーツバッグ・鉛筆・バレーボール空気無し・ピアニカ・リコーダー・帽子・家に眠る引き出物・他
集まった物資は日本国内のフリーマケットと現地フリーマーケットに使われるそうです。

自らの足で現地を知ることが出来る為、細やかな支援活動につながります。本当に必要な物を運び、むやみに心豊かな村を荒らすような出過ぎた支援を回避できます。
ネパール・マ・ジャニさんでは100円(10円でも1円でも)からの寄付でも丁寧にあつかって活用して下さっています。


身近な支援こそ大切で、遠くの支援ってどうなん?というお声もよく耳にします。
確かにそれもほんとうのことですよね。
でも身近って何処までをいうのだろう。
資本大国と言われる国達が、他所の国の資源や自然や食料や市場を貪り、貧しくしていることも現状です。今、手元で私達が貪っているものがですよ?
これを自覚すると、はたして何処までが身近なのかわからなくなります。
度々マチャプチャレさんで、ご飯を頂いている私には、ネパールの子たちは近所の人なんですよね^^
私にはまだご縁なくて、この活動に一度も参加できていません^^いつか行ってみたいけど・・
もちろん身に長けにあった事をして行く所存です。できる事からコツコツとね。。

でもね。人によりご縁があります。ご自身が活動したい場であれば、まずは何だって何処からだって良いのではないでしょうか?チャンスを生かしていただけたらば幸いです。

ちなみに私もささやかながら、近所のたばこ吸殻を中心にゴミ拾いをはじめました。とりあえず一ヶ月以上つづいています。このまま習慣化できるとよいな♪
すったのハゲたの言う前に行動してみようと、最近やっと思えるようになってきました。
とりあえず、やりたかったらやってみて現状を把握して、考察する方向でね^^
[PR]
by art_of_living_i | 2009-02-02 22:10 | チャリティーのご案内