一陽来福。Soil,Soul,Societyな日々。

raihku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:愚かさ ( 1 ) タグの人気記事

愛のある沈黙。

だれでも愚かなときはある^^

そんな時、まわりはいろんなカタチで知らせてくれました。

辛辣さ・優しさ・沈黙。
なんにしても、愛がないことには心に響き残りはしないようだ。

愛があろうが無かろうが、時にはどちらにしてもズタボロに傷付いたような気になってた事もあったようにも思うけど、不思議と愛の無いものは忘れてしまった。
あれほど腹が立ったり泣いたりしたものもあったようだけど、なんだったか忘れてしまった。

なにより私には、愛のある沈黙がことさら堪えた。
ただ沈黙の中ほほえんで愛を捧げてくださった方のことを、なんだか思い出してこの数日を過した。


まだ高校生の若い頃。学校の先生に紹介されて、とある禅僧の方を訊ねていった。

d0126201_22412917.jpg


夏休み。山の本山の塔頭に、老齢なその方はご婦人と共に静かに暮らしておられました。
入院をしていたけれど、元気になり退院をされてわざわざお時間を作ってくださったのでした。
私はまだ子供で、超常的な能力があると聞いていたその方に、不思議な話を聞いたり、悩みを相談したりしてみたかったのですが、
お返事は^^
「私も昔、若い時分はそんな事をやっていたこともありますが、悩みはその人の為にあるものなのに、可笑しなことをしていたものです」
と笑っておられました。

遠くまで訪ねてきたのに何にも質問がなくなってしまい。いきがって、これならどうだ!とよく考えもせずに「死」についての質問などしてしまった。バカな奴です。

その方はただ静かにほほえんでだまっていました。

d0126201_235554.jpg



そののち一ヶ月も経たないうち。
その方が亡くなったという知らせを受けました。
あのほほえみを思い出すと、つきささるようでした。取り返しのつかない恥ずかしさと後悔で、転げまわりたくなるような、のど元を掻き毟りたくなるような思いにかられ、無知で残酷な己の愚かさを知ったときでした。



でもいま、何十年も経って残ったものは、その方から受けた深い静かな愛でした。
その方の愛はまるで山のようで、底にゆくほど裾野のように広がって、深く強くそのカタチを観ずることができます。根底に流れるのは海のような、繋がっているものだろうか?

そしてあの後いただいた手紙を、そっと読み返す。
その方のま綿のようなあたたかいものが、ふっと胸にふれると、ただハタハタと涙がこぼれて仕方がなかった。
ありがたいという思いしか浮かばなかった。



私もこんな不動の愛を身につけたい^^
人の中に何をみようとも、静かにほほえんで愛を貫きたいもんです。というお話でした。

ここに亡き恩人禅師に、感謝を捧ぐ。

またこの思いに至るお題を与えてくださったKさまにも感謝を。。


ランキングに参加させて頂いています。
ぽちっとご協力お願いいたします^^
人気ブログランキングへ
[PR]
by art_of_living_i | 2009-03-31 22:54 | 心の旅